カテゴリ

カテゴリ:重い人

カテゴリ:


日が近づくにつれて、判断能力も回復

なんであんなこと言っちゃたんだ!?となる私。

ガッデム!!って感じ~一体どうなっちゃうのんのん~あぱちょー!!


現実逃避も兼ねて、その当日は予定を詰め込みました。

イルミネーションはもちろん夕方からです。

そのためお昼から別の2名と会うことにしました。フル稼働だなあ。


イルミネーションは特に好きでも嫌いでもなく

行ったことがないところなら、いいかなという程度。


そういうものも見慣れているので、斬新さもあまりなく。

美味しいものたべたいな、という感じでした。


さてさて、駅で待ち合わせです。

しかし来ない。LINEを確認すると少し遅れるとのこと。

早くきてよ~カップルだらけだよ~

そんな叫びが通じたのか、5分くらいで登場。よかった。


当たり前だけど、外は寒く早く中に入りたい‥

けどイルミネーションは外なんだもんなあと落ち込む私。


重さんは以前きたことがあるということだったので

道案内はお任せしました。


カテゴリ:


話を戻して重さんのことです。
これが生理的なもんなのか人間的なものなのか‥

まだ断定できないでしょ!!?と心の中の打算的な自分が言っています。
 

ということで、2回目のデートです。

水族館つながりで江ノ島はどうですか?と言われましたが

移動も含めたら長時間になります。さすがに疲れるため却下しました。

というか、そのあたりから温泉に行きたいと言うようになり微妙な気分になっていました。
勝手に行ってこい。1人の方が断然疲れが取れるよ。 


さておき、お互いの中間地点でカフェでお茶することに。

その時期は私がバタバタしていたため、ネガティブなことばかり言っていた記憶があります。
 

手帳とか開くとしんどそうな雰囲気出ている。
 

私だったらうんざりしてささっと切り上げますが、重さんは忍耐がありました。

どうしようもない話に相槌を打ってくれます。


弱っている時に優しくされると、好感度が上がるというのは本当でした。

生理的に無理かも?とか思っていたのに急に輝いて見えます。


人間ってなんて現金なんだろうか。


そして、ちょっとずつ落ち着いて精神的に余裕が生まれた途端に

嫌な部分が見えてきてしまう。


思い返せば、くれるアドバイスは的確なのに、終始、上から目線です。

そういう話し方なのか‥ともあれ残念な気持ちになります。


僕はモテるんですよ、とか

稼いでいるんですよ、とか

出世コースなんです、とかとか

自分で言ってもいいです。でも本当に言い方次第です。

言った後にドヤ顔するのは、間違いなくやめたほうがいい。

さらっと言えるならいいけど、称賛を求める空気出しちゃだめ!絶対!


適齢期で未婚なことを、出会いがなかったからという重さん。

確かにほぼ男性だけの職場で激務ならそうかもしれません。

しかし今の時代、出会いなんていくらでも作れます‥玉石混合だけど!


だから、私は言い訳じゃないの?と思いました。

婚活を始めて必死になっていると、人に厳しくなってしまうようです。

だって、いくらでも作れるんだよ!玉石混合だけど!!


カテゴリ:


ここで、生理的に無理ってどういうことか整理してみます。

ダジャレではないのよ~ん


私の場合、あ、これはダメだと思ったとき≒生理的に無理なとき

相手のことが直視できなくなります。

些細な一言に引っかかってそうなることが多いです。

と言うか、ほぼそれしかない。


目を見て話さなきゃ‥!!相手に失礼でしょ‥!!と焦りますが

仕事でもない限り、もういいかなと思ってます。
 

不愉快なものを視界に入れるのってストレスだもんね。

やはり生理的にOKというのは最低限のことなんだ!


ちなみにさらに言うと、生理的に無理な人が目の前にいると

私は、食事が全く進みません。食道が縮こまって喉を通らない感じ。

生理的嫌悪って内臓にダイレクトに影響します。


婚活していて判定の困っている方は食事の時の

体調を思い返してみると何かヒントになるかもしれません。


食べても美味しくないことって本当にあるんだよ!


それはさておき、基本的に女性だと嫌いになることはあっても

生理的に無理になることはほぼありません。

よっぽどであれば目を合わせるのが苦痛になります。

しかし、男性に対するものとは明らかに質が違うのです。


なんで?!とさらに追求すべくネット検索。ありがとうネット検索。

そこで出てきました。


優秀な遺伝子を残すためにふるいをかけている。


‥どんなにスペックが高い相手でも生理的な相手では、種の保存には適さない。

人間はどんなに発展してデジタル化しても、やはりアナログ。‥動物なんだね。

当たり前の事実にたどり着きました。南無。


なのでもう生理的に無理な人に変な罪悪感を感じるのはやめようと思います。
無理なもんは無理。それでOK!

 

カテゴリ:


「何か買ってあげようか??」


これね、人によっていろんな意見があると思うんです。

あるんだけど、私としてはなぜそこで急に上から目線風になるのかわからない。


何か贈り物をする場合に私は

何かしてあげてる、みたいな風には基本的に考えません。
 

自分が相手に喜んでほしいと思ったから
 

結果としてプレゼントしたりお金をだしたという考えです。

だから、買ってあげようか?にちょっと引っかかってしまう。


世の中、本当に言い方ひとつだから‥それって大事なことだもの


いや、頼んでないし‥結構です。と思いました。

こういう時は彼女がどの商品の前に長く滞在するかで

大体想像つけるものではでは?


重さんは私よりも5個年上だったため、多少は仕方ないのかもしれません。

と思いつつも、対等に話せていないという雰囲気を露骨に感じるのは嫌でした。
 

私の心が狭いんだろうか‥それともプライドが高いのかしら‥

婚活をしていると自分を見直す機会が増えます。


全体的には、水族館のおかげか?楽しい雰囲気ではありました。

でも、水族館でなかったら成立しなかった可能性もある?と若干不安にもなります。

そのため、まだよくわかっていない相手でしょ!?と自分で自分を猛説得。

また会いましょう!と次回の約束を取り付けました。

 


カテゴリ:


キョロキョロしつつ、つらつら話しつつ

前の記事のようなことを考えていました。


水族館はやっぱり楽しくて、でももしかしたら

1人で見た方がもっと楽しかったかも‥?と

頭の片隅で考えてしまいます。


これは私の悪い癖というか、傾向なんですが

突然シャッターがピシャッとしまるような感じで
相手のことが
ダメになっちゃう時があります。
そしてまさしくその状態になってしまいました。


でも悪い人じゃないし、条件もすごく良い。

この先同じような人が必ず現れるとも限らない。


今はなんかダメでも、もっと会ってみてどんな人なのか知っていけば

良いところが見えてきて、この生理的嫌悪も薄れるはず‥


チャンスは生かさなければ‥生かさなければ‥

とにかく自己暗示をかけます。


そこに集中しすぎたせいなのか

重さんの話も大体聞き流し大して覚えていません。


最後のあたりのワンダーチューブでは、私の方が夢中になりすぎて

気づいたら逸れている始末。本当にすみませんでした。


重さんは水族館好きという割には、飽きている雰囲気だったので

まだワンダーチューブではしゃいでいたかったものの、出口に向かいました。

わたしゃ、あそこに1時間はいられるね


で、出口といえばありますよね?お土産屋さん。
 

可愛いですよね、山になったぬいぐるみたち。

大体のカップルは戯れるゾーンです。


そして、そこで重さんから一言


「何か買ってあげようか??」





このページのトップヘ

見出し画像
×