アーカイブ

2019年04月

こんばんは、三舟です。
 

今日で平成も最後ですね。実は当初の婚活の目標として、平成の間に婚約くらいまで持っていきたい!と思っていたのですが、現実は!厳しかった!!南無。


以前も書きましたが、最近は婚活に疲れて、もはやただの男漁りとなっています。しばらく婚活!という堅めのテンションから離れて英気を養うことにしました。遊ぶことも大事。積ん読も消化していく予定です。面白いのがあったら紹介したいな。


ところで!話は結局婚活に戻ります。なんと無念なことにもはや婚活が一種の生活習慣と化しているため、アプリのチェックとかは無意識にしてるんですよね。習慣って怖い!ブライダルネットもまだあと二ヶ月ほど会員期間があるので、ぼちぼち頑張っています。


で、一応近況です。近況ってほどでもないけど。最近の三舟は間口を広げています。例えば、あまり好みじゃないかなという人からの申し込みや約束も受けるようにしています。とりあえず会ってみる、話してみる。これが大事かなと。で、違うかな、合わないかなと思ったら、友達や会社の人を紹介して!とお願いしてます。婚活で友達ができたらそれはそれでめっけもんだし、いい出会いがあるなら大歓迎です。まじで節操ない~、でもいいでしょう。そんな自分を受け入れることにします。婚活してるのに、私、焦ってませんから?みたいな態度はそもそも矛盾している。がっついてますけど!?くらいの気持ちですよ。がっついてますから!!


頑張れよ、三舟!!それでは、また。令和で会いましょう〜

 

カテゴリ:


なんか…なんか、気持ちがあがってこない。生理もそろそろ終わるのに。

 

最近、少し考えたのは、連絡の頻度とかのテンポが合うことも大事なことなんだなって。送った連絡に返信がないのって、やはりストレス。待てて1日!ということに気が付きました。それ以上って理解に苦しむもん。アマゾンにでも出張してるんでしょうか?大体、1日も帰ってこない時点で、相手のテンションもお察しものです。負け戦したいのかって。女に恥をかかせせたいのかって。そんな輩は黄河に流されてしまえばいい。

 

そして、自分も相手が返しやすい内容を送るように心がけようと思いました。イエス/ノーで返せる内容のほうが相手もストレスが少ないはず。かつての上司の金言ですが、相手がやりやすいように導いてあげることも大切なのだと。それってもしや、手のひらで転がすということでは…?

 

あと、名刺をくれる、もしくは見せてくれる人は、やはり信用できるということ。

 

そんな感じで、現在、上記の条件を満たす男性とやり取り中です。

 

以上、近況でした。


おっすおっす三舟だよ。


柳生さん?どうなったかって?まあ聞いてくださいよ。


三舟、こんなにむしゃくしゃしてるの久しぶり!!


みなさん、プロレスをご覧になったことはありますか?プロレスというのは不思議なもので、基本的に相手の攻撃を避けません。受けます。今の私がどうなのかというと、やる気満々だったのにも関わらず!三舟の攻撃はよけられてしまったのでした。受けろよ、柳生。


まあ先週の週半ばには判明したことなのでドタキャンではなかったのが救いです。しっかし、オカダさん然り一乗寺さん然り激務の人って大変ですな。この2人は職種的に激務なことがわかりきっているので、仕方ないか‥と若さ、いや幼さと無知さで諦めて流すことができていました。ですが、柳生さんは‥なんていうか嘘くさいといいますか。何がってわけではないですがキャパもあって頭のいい人がそんな風になるのか?という疑問が湧くわけ。まあ、(今更ですが)検索を駆使した結果、既婚者でないことはわかったものの。条件もいいし、候補者がたくさんいらっしゃるのもわかります。


じゃあ三舟は何にイライラしてんのさって。

生理っていうのもあるんだけど。(シンキングタイム)なんか真っ向勝負じゃないっていうか、すっぱりしないところが嫌なんだな。やり方が合わないというか。


なんか色々と説明を吹っ飛ばしているから、この文章がなんなのか自分でもわかってませんが!!今までの自分だったら、仕事でその日はダメになったと言われても(しかもその返事にも時間がかかっているとする)素直に、しかし無論、腹わた煮え返りつつも、そうなんだ、頑張ってくださいね、とか!!無理しないでね、とか!!言っていたはずです。が、三舟は本来そんな包容力もなければ母性もありません。良い女ぶって背伸びしていただけのことです。ここにきてやっとそのことに気がつきました。私って‥本当に脳筋。しかし、バカでもいくらかは進歩していたようです。今回、柳生さんには言いました。やかましく言うのは嫌なんですが、さすがにがっかりしたこととか、他にも言いました。言ったと言っても、所詮文章ですからね。読むのに30秒もかからない内容です。そんで、今、言うだけ言ったしもうどうでもいいでしょ、という気持ちです。なんかすっきりしました。


で、よくよく考えて三舟は気がつきました。これ、柳生さんではなく、一乗寺さんに私は言いたかったんだと。もっと話したかったとか会いたかったとか、きちんとした形で終わりたかったとか。私は一乗寺さんに聞いて欲しかった沢山のことの一部を、柳生さんに言って八つ当たりしてるだけ。もっと言えば柳生さんのことはどうでもよかったのかもしれません。追体験したかったのかもしれません。

ところで、幾つになっても失恋というのは苦しいものです。しかも、私は自分の心が痛んで悲しんでいるのに、そこには目を向けずにずっとずっと放置していました。自分がどんなに惨めだったとしても、その惨めさと向き合わなければそれはずっとそのままです。記憶が薄れれば苦しさも薄れますが、消えてなくなることはありません‥もう吹っ切れた!と、何度も思いながらも古傷のように、時折ぶり返すのは、やっぱりきちんと向き合って労わりきれていなかった証拠なのかもしれません。本当は大事にされたかったのに、自分がそもそも自分を大事にしていなかったんですね‥もっとわがまま言ってよかったじゃない。だから次があったらそうしなね、自分よ。


自分の心がまだ惨めさや悲しさで泣いているようなので、しばらく婚活から離れて、うーん、男漁りに邁進しようかな。婚活という言葉も最近嫌になってきました。全く楽しめてません。上品ぶってますがやってることは男漁りですからね、結局。そして、幸いなことに男漁りの環境はととのっていますしね。しばらく遊んで英気を養ってきます。


さて、話は変わって昔の映画とかで、”女に恥かかせるな!”とか”私に恥をかかせるつもり?”とかそんなセリフありますが。


柳生がウンともすんとも言わない時間に、悶々としていた三舟は素晴らしい記事を発見しました。それがこちら。もう4、5年前の記事ですがハッとさせられる内容です。胸に刺さりました。


女は惨めになっちゃいけない。女を惨めにさせるような男を相手にしてもいけない‥

なんでこんな簡単で原始的なことがわかっていなかったんでしょうね。もっと自分の感性を大事にしようと思います。


‥まじで意味不明な記事になっちまいました。でも!そんな日もある、女には。 

カテゴリ:


おっす!三舟だよ!地獄から生還‥ではなく、今も婚活地獄でプロレスしてます!!


で、お前は何してたの?なんか結果出たの?とお思いのそこのあなた!!


‥結果?出てませんよ。そんなことより!!


かつて、わたくしのアイドルだったオカダカズチカ選手が平成の終焉を目の前にご結婚されましたね。今のアイドル?海野翔太君と吉田綾斗さんですよ。2人とも若いツバメという言葉がふさわしい若く美しい男なのです。‥話がそれた。閑話休題でした。


私生活が忙しくて、ここんところブログも書けていませんでしたが‥婚活はしてました‥!!そして、わたくしね、素敵だなと思える方と巡り合いました。一乗寺さん以来です。つまり素敵だなと思える方との出会いというのは一年に一度、それよりも少ないのです!!身を以て知った!!織姫と彦星だって一年に一回は基本的に会えるのに‥彼らのように耽って仕事をおざなりにしたことなんて、僕には一度もないやい!!慎ましく品行方正、ついでに貧乏なOLに神様からの贈り物はないものなのか。



さて、その方のことは‥いつもの通りテニプリから取るとして‥どうしよう、パラパラ。←ファンブックをめくる音。うーん。なかなか難しいところですが、策士で掴めない方なので柳生さんとしましょう!!あえて仁王ではない!なんか三舟のテンションも上がってきました!!


ていうかなんでそんなに元気なんって感じですよね?それがですね、その柳生さんとは実はこれから、3回目の面接なのです。しかし‥なんか引っかかるなあと思ってるわけ。そして信用できる友達と色々と話したことで三舟は盛り上がっていた気持ちがいい塩梅にクールダウンしました。もうね、ありとあらゆる過程をすっ飛ばしているから、なんのこっちゃって思いますよね。ていうか九鬼はどこに行ったんだよって。九鬼さんのことはまた今度書きます!私、今まで、起こったこと、終わったことしかこのブログには書いていませんでしたが、これはリアルタイムです。三舟の熱気、伝わってくるでしょ!?


で、なーんでそれがこんなにバーニングしてるかというと‥

三舟、柳生さんがあまりに好みと条件ど真ん中で、珍しく、しおらしく、色々たくさん考えました。悩みました。策を練りました。そして、脳筋なためイライラしてそんなもんは放り投げ、スッキリしました。このスッキリっていう感覚はめちゃめちゃ大事です。みなさん、スッキリしたい時どうする?お酒?ライブ?カラオケ?方法はたくさんあるよ。悶々としていた三舟、スッキリしたら腐りきっていた脳みそに酸素が送られてきて、思考回路がはっきりしました。ショートしたとも言います。そして、たった今、一つの仮説にたどり着きました。


柳生さん、ヤリモクか既婚者もしくは両方。

婚活アプリにいるんじゃねーよ。コリドーにいる連中の方がよほど親切だわ。


というわけで三回目ではもう、変な探りは入れないことにします。

上記のことをざっくりバッサリ真っ向勝負で聞いてみることにします。これが婚活ストロングスタイル‥!!
 

しらを切られた違うと言われた場合、独身証明証を見せろと要求します。認めたら手口を聞き出して全部ここに書き残すことにします。そういうわけで試合が終わったらまたやってきます。

関係ありませんがネットの記事を漁っていたらこんな文章がありました。
 

”ヤリモクも進化している!!”
 

ゴキブリだって進化して殺虫剤に耐性ができてるわけです。ヤリ目人科(うまい!!)も知恵をつけるってもんだ。ヤリモクでも名刺くれるようになるんじゃない?そういうわけで、柳生さんとプロレスしてくるぜ。それではまた!!


カテゴリ:

九鬼さんに付き合ってほしいと言われた時、三舟はちょっと悩みました。最初から付き合うつもりでいたものの、雲行きが怪しく感じられたからです。でもどのみち、保留にしているから考える時間はあるわけで。帰りの電車のなかでうとうとしつつ、考えて、挙げ句のはてにめんどくさくなって、やっぱり付き合うという結論に落ち着きました。悩んでそれがストレスになるくらいなら付き合ってしまえと。その方が話がはやいと。
 
というわけで脳内で付き合うが採用されたのでした。

とりあえず、九鬼さんに近々あえませんか?とLINEを送って日程を決めました。仕事帰りのカフェです。そんなに時間を割きたくなかったので、話したらすぐに帰ろうと思ってました。一時間でも長いな…と思っているあたりが現実でしたが、条件はいいからと暗示をかけてごまかしてましたね…やはり疲れているときはろくな判断がつかないんだな。そして今思うに、三舟、めちゃめちゃ淡白。しかし考えてみるに、世の中の女性は好きな男以外には素っ気ないものなのです、本当は。優しくするのは処世術の一環。

ひとまず、できることはしたので後は当日を待つのみです。

それにしても月日が経つのが早いですね。そろそろ3月末、振り返りもしなくちゃ!と思っているうちに4月も一週が終わってしまいました。 そのうち気づいたら平成も終わってるんだろうな‥

このページのトップヘ

見出し画像
×