アーカイブ

2019年03月

カテゴリ:


そんなわけで夜景を見に行くことになり、突っ走った妄想の果てに勝手に受けることにした三舟。まさかこんなこと考えているなんて思ってもみないんだろうな。‥流石にそんなことはないか。

そういえば、皆さんは花粉大丈夫ですか?わたしはこの時期死にかけてます。で、この前、面接した人に教えてもらったのですが、じゃばら飴が効果が出ているのでオススメしておきます。結構美味しいよ。



 
そんな感じで無感情なまま、タクシーで九鬼さん一押しの場所まで行きました。タクシーとか、僕、久々に乗りました。そっちにドキドキ。基本的に経済的弱者なため、移動は徒歩か電車な僕なのさ。さて、到着した高い高いビル。エスカレーターに乗り込みます。なんかね、その時、九鬼さんがちらちらちらちら手を見てくるの。でも僕にその気は(今のところ)ないんだ‥と思ってポケットにしまっておきました。その視線もなんか、ねっとりしてるというか‥うーん、彼はもしかして女性とあまり接点なく生きてきたタイプなのかもしれませんね。と、また、早まった妄想をする私。最近のエレベータの速度と性能に驚きながらも最上階へ。


で、飛び込んできたのが、カップルとカップル予備軍たち。やはり、ロマンチックなところに男女は集うのだ‥告白の予感を感じ取った女の子たちが一体どれほどいたことでしょう。男性ははたからみても、そわそわしている方が多かったです。そして、そしてそんな中に何故か家族連れが1組‥幼稚園くらいでしょうか、やんちゃな男の子が走り回っています。
 

こういう時、騒ぐ子供と注意もしない親に心の中で舌打ちしまくっている女性多いと思うんですよ。でも、これから告白してきそうな男が横にいたら、表面上はにこやかに取り繕うよね。子供に寛容な私、みたいな。これは別にディスってるわけじゃなく、私もそうだから。きっと周りもそうだろうと思いたいわけ。子供好きアピール、みたいな。恥ずかし〜い。

この空間、取り繕って微笑む女とそわそわしている男が8割は占めてるとみた。

 

カテゴリ:

こんばんは、三舟です。思春期の頃の私の愛読書といえば、山田詠美先生なので、このブログも盛り上がると句読点が大量になるのはご愛嬌。特に大好きなのが、”放課後の音符”の中の”crystal silent”という短編。これを読むと打算も何もなく誰かを好きになることはこういう感覚だったと思い出せる傑作です。この作品、夏休みを沖縄の離島で過ごした少女が現地の少年と恋に落ちるという内容。素敵なので、ぜひ読んでみてください。短くまとまっているので10分もあれば読めます。

 


で、九鬼さんです。もはや何が本題なのかわかりませんが、お付き合いくださいませ。


でも、こんな遅い時間にどこに行くの?と田舎娘の三舟は思ったんだけど、答えは簡単。夜景を見に行こうってことでした。ここは大都会東京。ちょっと高いところに登れば夜景見放題!すっかり失念してました。昔付き合ってた人と夜景とか見にいったことあったかな。イルミネーションとかはあったけど。東京ってデートする場所に困らないんだなあってしみじみ思いました。まあ相手が好きな人であれば場所はそこまで重要ではありませんが、そういうわけではないのが悲しいところ。九鬼さんに気に入られているのはわかっているので、ここで夜景見ながら告白でもされるのかな?と考えを巡らします。アプリを使っている時点で相手を探している状態なことはわかっているわけだし‥でもたった2回会っただけの人間に告白するのが一般的なのか、よくわからなくなってもきている。確実に感覚が麻痺している三舟。しかし恋愛は早い者勝ちなところもあるしな‥とうだうだ考えるわけですが、別に好きでなくても試しに付き合えばいいか、とまだ告白もされていないのに答えを出した三舟。そのうち好きになるかもしれないし、条件は申し分なく良い。会っていれば、情も湧くかもしれません。‥だから、気が早いっての。
 

カテゴリ:

前回の記事を読み返してみたんだけど、話があちこちに飛びすぎて趣旨がさっぱりですね‥

要するに、カップルシートにボディタッチの気配を察知した三舟でしたが、ひとまず大丈夫だったということです。そして夜神月の画像は全く本題と関係ないです、ややこしくてすみません。


ちなみにこのブログを書くときはダラダラしないように、制限時間を決めて書いてます。BGMはラジオとかポケモンの曲が多め。追い込まれるようなテンポ早めのやつとか。あと10分でどれくらいまでかけるのか微妙だけど、せかせか頑張っていまーす。


三舟は追い込まれないと何もできないタイプなので、自分で期限を設定する癖をつけています。

婚活もそんな感じで26になるまでに婚約(もちろんそれ以上も)までもっていきたいなと思ってます。あと、約10ヶ月ですがどうなることやら。ぼんやりしないで毎日を大事に過ごさなければなりません。今この瞬間も若さという価値を失っているので。


‥話がまた逸れましたが、とにかく九鬼さんとの食事は可もなく不可もなく終わりました。特に食事に行こうとしか言われていなかったので、もうこれで解散かな?と思ったあたりで九鬼さんが一言。


”この後、時間ある?”


うーん、ないっちゃないけど、あるっちゃある。ここで九鬼さんにこれ以上時間を割くべきか悩みましたが、明日は休みだし終電にならなければという条件でOKを出しました。これね、きたなと思いましたよね。くるなと思いましたよね。というわけで時間切れなので、また明日。




婚活、前途多難‥付き合ったけど速攻で別れた人〜ボディタッチは勘弁してくれと祈る三舟〜

カテゴリ:

この前、菅田将暉さんのラジオでテニプリの話が出た、という情報を入手し早速聞いてみた三舟です。これね、テニスの王子様知らない人に是非聞いてほしいと思いました。すーんごく面白いの。ラジオそのものも。鬼ちゃんのイメージしかなかったんだけど、話が面白くてすっかりハマってしまいました。今では、このブログ書いている時の作業用になっています。ラジオ楽しいね。


さて、九鬼さんの話に戻します。

通された席がカップルシート!!ボディタッチはやめてほしい‥いやそんなことは。何回か書いてますが、横に座ると触りやすい感じになるから私はあまり好きではない。

メガネさんじゃあるまいし、会って2回目でそれはちょっと勘弁してほしい。そんな私のオーラ(もしくは殺気あるいは覇気)が伝わったのでしょうか!?なんか嫌な雰囲気醸してくることが何度かありましたが、不快度指数は振り切れることはありませんでした。


何というか、嫌な雰囲気っていうか視線ですかね。うまく言葉にできないな。しかし、瞳にはいろんなものが映し出されてしまうものですね。ふとした時の表情とか。これね、私、最近しみじみ思うんだけど、気を抜いてる時とか1人でいる時の表情って色々むき出しなの。他部署の課長が1人の時に夜神月みたいになっててびっくりしましたよ。

スクリーンショット 2019-03-22 21.29.28

↑こんな

スクリーンショット 2019-03-23 19.09.31

↑それを目撃した私 


本当にでますよ、これは自戒も込めて
。関係ないけど私は月CV:宮野真守よりも魅上CV:松風雅也 の方が好きです。削除削除!!



カテゴリ:


お店が入っているビルに着きました。しかし、目的のお店が見当たらない。どうしようか‥と思いながら、また、エントランスに戻ると九鬼さんが立っているのを発見しました。遠目に見てもなんか空気が暗い気がするな‥と思いながら、声をかけました。スマホを見ていたせいか、驚く九鬼さん。そして一言。来ないかと思ったよ~と。LINE送ったの見てないの?と聞かれ確認すると九鬼さんからLINEが届いていました。最後に時間を確認した後に送ってくれていたようです。さっきスマホを凝視していたのは返信を待っていたんですな。すまんすまん。というわけで無事に合流できました。


というわけで、お店に入ります。インスタ映えしそううな、女子が喜びそうな内装とサービスです。前にも書いた通り、ちょっと癖のある料理のお店だったので疑問でしたが、納得しかけたものの‥通された席がですよ、なんていうの?カップルシートっていうの?横座りに座る席なんだけどさ。ベンチに2人で座ってるみたいなやつ。で、前はガラス張りで眺めもいいわけよ。スクランブル交差点を見下ろすような感じ。でも、うーんって感じ。距離が近すぎません?あとやっぱり料理が‥耐えれないわけではないけど、好きでもないしなかなか苦しかったです。話逸れますが、苦手なものって聞かれても私はパッと出てこないんですよね。苦手というかアレルギーですが。もう、食べ物っていう認識がないから、苦手な食べ物って言われてもでてこないんですね。つまり頭の中で食べ物という区分に入れてないわけ。

このページのトップヘ

見出し画像
×