おっすおっす三舟だよ。


柳生さん?どうなったかって?まあ聞いてくださいよ。


三舟、こんなにむしゃくしゃしてるの久しぶり!!


みなさん、プロレスをご覧になったことはありますか?プロレスというのは不思議なもので、基本的に相手の攻撃を避けません。受けます。今の私がどうなのかというと、やる気満々だったのにも関わらず!三舟の攻撃はよけられてしまったのでした。受けろよ、柳生。


まあ先週の週半ばには判明したことなのでドタキャンではなかったのが救いです。しっかし、オカダさん然り一乗寺さん然り激務の人って大変ですな。この2人は職種的に激務なことがわかりきっているので、仕方ないか‥と若さ、いや幼さと無知さで諦めて流すことができていました。ですが、柳生さんは‥なんていうか嘘くさいといいますか。何がってわけではないですがキャパもあって頭のいい人がそんな風になるのか?という疑問が湧くわけ。まあ、(今更ですが)検索を駆使した結果、既婚者でないことはわかったものの。条件もいいし、候補者がたくさんいらっしゃるのもわかります。


じゃあ三舟は何にイライラしてんのさって。

生理っていうのもあるんだけど。(シンキングタイム)なんか真っ向勝負じゃないっていうか、すっぱりしないところが嫌なんだな。やり方が合わないというか。


なんか色々と説明を吹っ飛ばしているから、この文章がなんなのか自分でもわかってませんが!!今までの自分だったら、仕事でその日はダメになったと言われても(しかもその返事にも時間がかかっているとする)素直に、しかし無論、腹わた煮え返りつつも、そうなんだ、頑張ってくださいね、とか!!無理しないでね、とか!!言っていたはずです。が、三舟は本来そんな包容力もなければ母性もありません。良い女ぶって背伸びしていただけのことです。ここにきてやっとそのことに気がつきました。私って‥本当に脳筋。しかし、バカでもいくらかは進歩していたようです。今回、柳生さんには言いました。やかましく言うのは嫌なんですが、さすがにがっかりしたこととか、他にも言いました。言ったと言っても、所詮文章ですからね。読むのに30秒もかからない内容です。そんで、今、言うだけ言ったしもうどうでもいいでしょ、という気持ちです。なんかすっきりしました。


で、よくよく考えて三舟は気がつきました。これ、柳生さんではなく、一乗寺さんに私は言いたかったんだと。もっと話したかったとか会いたかったとか、きちんとした形で終わりたかったとか。私は一乗寺さんに聞いて欲しかった沢山のことの一部を、柳生さんに言って八つ当たりしてるだけ。もっと言えば柳生さんのことはどうでもよかったのかもしれません。追体験したかったのかもしれません。

ところで、幾つになっても失恋というのは苦しいものです。しかも、私は自分の心が痛んで悲しんでいるのに、そこには目を向けずにずっとずっと放置していました。自分がどんなに惨めだったとしても、その惨めさと向き合わなければそれはずっとそのままです。記憶が薄れれば苦しさも薄れますが、消えてなくなることはありません‥もう吹っ切れた!と、何度も思いながらも古傷のように、時折ぶり返すのは、やっぱりきちんと向き合って労わりきれていなかった証拠なのかもしれません。本当は大事にされたかったのに、自分がそもそも自分を大事にしていなかったんですね‥もっとわがまま言ってよかったじゃない。だから次があったらそうしなね、自分よ。


自分の心がまだ惨めさや悲しさで泣いているようなので、しばらく婚活から離れて、うーん、男漁りに邁進しようかな。婚活という言葉も最近嫌になってきました。全く楽しめてません。上品ぶってますがやってることは男漁りですからね、結局。そして、幸いなことに男漁りの環境はととのっていますしね。しばらく遊んで英気を養ってきます。


さて、話は変わって昔の映画とかで、”女に恥かかせるな!”とか”私に恥をかかせるつもり?”とかそんなセリフありますが。


柳生がウンともすんとも言わない時間に、悶々としていた三舟は素晴らしい記事を発見しました。それがこちら。もう4、5年前の記事ですがハッとさせられる内容です。胸に刺さりました。


女は惨めになっちゃいけない。女を惨めにさせるような男を相手にしてもいけない‥

なんでこんな簡単で原始的なことがわかっていなかったんでしょうね。もっと自分の感性を大事にしようと思います。


‥まじで意味不明な記事になっちまいました。でも!そんな日もある、女には。 

参加中です!→にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ