カテゴリ:


そんなわけで夜景を見に行くことになり、突っ走った妄想の果てに勝手に受けることにした三舟。まさかこんなこと考えているなんて思ってもみないんだろうな。‥流石にそんなことはないか。

そういえば、皆さんは花粉大丈夫ですか?わたしはこの時期死にかけてます。で、この前、面接した人に教えてもらったのですが、じゃばら飴が効果が出ているのでオススメしておきます。結構美味しいよ。



 
そんな感じで無感情なまま、タクシーで九鬼さん一押しの場所まで行きました。タクシーとか、僕、久々に乗りました。そっちにドキドキ。基本的に経済的弱者なため、移動は徒歩か電車な僕なのさ。さて、到着した高い高いビル。エスカレーターに乗り込みます。なんかね、その時、九鬼さんがちらちらちらちら手を見てくるの。でも僕にその気は(今のところ)ないんだ‥と思ってポケットにしまっておきました。その視線もなんか、ねっとりしてるというか‥うーん、彼はもしかして女性とあまり接点なく生きてきたタイプなのかもしれませんね。と、また、早まった妄想をする私。最近のエレベータの速度と性能に驚きながらも最上階へ。


で、飛び込んできたのが、カップルとカップル予備軍たち。やはり、ロマンチックなところに男女は集うのだ‥告白の予感を感じ取った女の子たちが一体どれほどいたことでしょう。男性ははたからみても、そわそわしている方が多かったです。そして、そしてそんな中に何故か家族連れが1組‥幼稚園くらいでしょうか、やんちゃな男の子が走り回っています。
 

こういう時、騒ぐ子供と注意もしない親に心の中で舌打ちしまくっている女性多いと思うんですよ。でも、これから告白してきそうな男が横にいたら、表面上はにこやかに取り繕うよね。子供に寛容な私、みたいな。これは別にディスってるわけじゃなく、私もそうだから。きっと周りもそうだろうと思いたいわけ。子供好きアピール、みたいな。恥ずかし〜い。

この空間、取り繕って微笑む女とそわそわしている男が8割は占めてるとみた。

 

参加中です!→にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ