カテゴリ:


しっかし、三宮くん来ないわ~。と思い先に食べ物を注文します。遅刻のお詫びとしてお代は君が持ってくれたまえ‥そう思いながらよだれどりを食べる僕。なんか思っていたよりも、辛味が効いてるな‥私は中華大好きだけど、辛いものはてんでダメ。唐辛子は嗅いだだけで毛穴が広がります。もしかしたら、ここはやばい店なんじゃないだろうか‥そんな不安がよぎります。‥まさか辛党だと思われているのでは!?と焦る私。いや、絶対そうだと思う。でも辛党向けのお店を選ぶあたり、三宮くんは辛いものは得意ってことでFA?なら余裕っしょっと鷹揚に構える僕。


その辺りで気付いたら1時間が過ぎていました。もう、ささっと食べて帰ろうかなと思い始めた頃、満を辞して三宮くんがやってきました。


今日はどうしたんだ?と尋ねると先輩に捕まってしまったとのこと。

人が良いから断れなかったんだなあとぼんやり思います。

で、そこで料理が辛めだよって話したところ‥


え!!?辛いの好きなんじゃないの!?とのこと。


ややこしいことして、すまん。


三宮くんはどうなの?と聞き返すと、俺も全然ダメ!!とのこと。詰みだな、こりゃ。



そうかそうか~とお互い神妙な顔をしていると、隣の席にギャルたちが座りました。


参加中です!→にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ