こういうのって比較し始めると止まらないですよね

で、比較してしまうたびにまだ吹っ切れきっていない

自分に気づいて愕然とするわけです。

いつになったら忘れられるんだ?と当時は思っていましたが

答えは、そのうち忘れる!ということで落ち着きました。


そんな時に、本編?でちょろっと紹介していた漫画に出会いました。

それがこれ、深見じゅんさんの作品、悪女(わる)



 


話をざっくり説明すると

落ちこぼれOLの主人公、麻理鈴(まりりん)ちゃんが

初出社の日に同じ会社内のエリート、T・Oさんに一目惚れし

彼とお近づきになるべく出世を狙う!というお話です。


もちろん漫画なので、ご都合主義なところも満載ですが

麻理鈴ちゃんの純粋な気持ちとか、健気な頑張りに

勇気付けられたり、それを取り巻く人たちにも感情移入したりと

恋愛に限らず、働くということも深く考えさせられる内容です。


ちょっと話は逸れてしまいますが、登場人物達は

今で言う、バリキャリOLやにゃんにゃんOLを彷彿させる人物や

頭は切れるけど働きたくないという総合職の同期、

家族との時間を優先し出世街道を拒んだ上司などなど

味わい深い設定が多く、色々と考えさせられます。
 

人の幸せって‥


~閑話休題~
 

さて、それは置いといて

御多分にもれずこんなことあったらなあ~嬉しいなあ~

と妄想に浸りながら読み進めていた私。

そして重要なことに気づきました。


麻理鈴ちゃんは確かに落ちこぼれOLかもしれません。


しかし、とっておきのカードを持っています。

それは、丸の内に拠点を置く世界的企業(近江物産)に勤めている、ということ‥!!


これってやっぱりモデルは三井物産なんでしょうか?

今やそういう企業の一般職というのは

ある意味、入り込むのがもっとも難関な場所ではないでしょうか


参加中です!→にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ